自宅で薄毛予防をするためには、まず、薄毛の原因を取り除く必要があります。
薄毛予防のためには、頭皮に栄養を行き渡らせる必要があるため、そのためには血液や栄養が頭皮に行き渡らせることが大切です。
頭皮に血液や栄養を行き渡らせるためには、禁煙をすることが大切です。
タバコの中に含まれているニコチンには血管収縮作用があるため、血液や栄養が行き渡らなくなってしまう原因となってしまいます。
また、タバコには男性ホルモンを増加させる作用もあるため、男性ホルモンの影響が大きいAGAを予防することにもつながります。

次に、毛髪にとって睡眠もとても重要となります。
夜の10時から2時まで、肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯ですが、薄毛予防のためにも大切な時間帯です。
この時間は肌や髪の毛の再生がもっとも活発に行われる時間帯なので、この時間帯に睡眠を十分にとり熟睡することが薄毛予防につながります。

薄毛予防のためには当然ヘアケアも大切です。
洗浄力が高いシャンプーは頭皮に刺激が強すぎるため、低刺激のシャンプーを選ぶことが大切です。
天然由来成分のシャンプーや、育毛成分配合のシャンプーなどがお勧めです。

頭皮が不潔な状態だと、皮脂や角質やフケなど毛穴についている状態だと、毛穴が炎症を起こし、炎症の状態が続くと頭皮の代謝が悪化して、血行を悪くしてしまう状態になってしまうので、薄毛予防のためには、常に清潔に保つことが大切です。
シャンプーをした後は、しっかりとシャンプーを洗い流さないと、シャンプーの残骸で炎症を引き起こしてしまう原因となるので、しっかりすすぐことも大切です。
最後に、薄毛予防のために育毛剤の使用をすることも大切ですが、症状によって有効な育毛剤は違うため、合わない育毛剤を使うと逆に薄毛を悪化させてしまう結果になってしまうことがあるため、症状にあわせて育毛剤を使うことが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧
    最近の投稿
      アーカイブ