• ホーム
  • 男性型脱毛症になる前に頭皮をケアして薄毛予防

男性型脱毛症になる前に頭皮をケアして薄毛予防

髪の毛に落ち込む男性

男性型脱毛症は抜け毛が徐々に進行して薄毛が目立つようになる症状で、成人男性の3人に1人はその兆候があるとされています。
生え際が気になったり、頭頂部が薄くなってきた気がしたら、すでに脱毛症になりかけている可能性があります。
これは生活習慣や毎日の頭皮ケアが原因でなるものなので、少しでも気になる方は、これから薄毛予防を始めることをおすすめします。
まず薄毛の問題は頭皮が不衛生による原因でなる可能性があるので、毎日欠かさず洗髪をするようにします。
このとき育毛シャンプーを使って、頭皮のマッサージを行うと効果的です。
抜け毛は毛根の栄養失調が原因なので、頭皮マッサージによって血流を良くし血管から栄養を少しでも多く送れるようにします。
加えて毛根に詰まった皮脂汚れを取り除き、頭皮を柔らかくするように揉んで毛穴を開かせます。
「薄毛が気になるから」「抜けたら困るから」という気持ちで、撫でるように弱々しいマッサージや、ツメを立ててガシガシと力強い洗髪をしては逆効果になるので気をつけましょう。
頭皮に刺激を与えるのが目的なので、指の腹でグリグリと揉んでいくのが最も効果が出ます。また頭皮ケアに加え、薄毛予防に効果があるとされる食事も必要になってきます。
育毛物質を増やす効果のある大豆や唐辛子、毛包細胞を作る栄養素である亜鉛を含むゴマ、血行を促進して栄養が届きやすくするシナモンやココアといったものをバランス良く摂取すると良いです。
またストレスや睡眠不足は美肌の大敵と言われるように、頭皮の血流を妨げて悪影響を及ぼします。
脱毛症改善のためにも、ストレス発散を行いながらしっかりと睡眠をとるようにします。
重大な脱毛から回避するためにも、これらの薄毛予防を実行して、健康的な髪の毛を取り戻すようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧