• ホーム
  • 薄毛の原因はストレスや生活習慣の乱れかも

薄毛の原因はストレスや生活習慣の乱れかも

鏡を見て、髪の毛に悩む男性

薄毛予防を行うためには、ストレスのコントロールや生活習慣を改善することが必要になります。
いくら頭皮マッサージや育毛剤を使用したとしても、ストレスや生活習慣が乱れてしまっていると、薄毛予防を行うことは難しくなってしまいます。
ストレスが薄毛に対して悪影響を与えてしまうのは、自律神経の乱れ、ビタミンの破壊、コルチゾルの増加が引き起こされるからです。
自律神経が乱れてしまうと、体を休めることができなくなってしまいます。
人間の細胞は就寝時に多く回復されます。
自律神経が乱れてしまうと、睡眠の質が低下することになります。これにより、就寝時の細胞の回復力が低下してしまうことになるのです。
頭皮も細胞であるために、細胞の回復力が弱くなると、薄毛になってしまいます。
ストレスはビタミンの過剰な消費を引き起こします。
ストレスにより興奮した神経を収めるためには、ビタミンを使用するからです。
そのため、ストレス解消のためにビタミンが消費されてしまい、本来ならば髪の毛を育てるために使われるビタミンが使用されてしまうのです。
なので、髪の毛が栄養不足となってしまい、薄毛となってしまうのです。
ストレスによるコルチゾルの増加も問題です。コルチゾルは本来ならば、抗炎症作用やストレス対策に必須なホルモンです。
しかし、過剰に分泌されてしまうと、逆に体に対して害を与えてしまうため、薄毛予防にはコルチゾルの過剰な分泌を避けなければならないのです。
生活習慣の乱れも原因となります。
食生活が乱れてしまったり、睡眠時間が短かったりなどすると、髪に対してダメージを与えてしまうのです。
髪の毛はたんぱく質でできており、たんぱく質を代謝するためにはビタミンやミネラルが必要です。
食生活が乱れていると、栄養不足により薄毛になります。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ